独立したプログラマーの働き方

個人事業主として独立して働きたいという人は増えていますが、一般的には何らかの技術や知識、経営のノウハウなどがないと難しい場合がほとんどです。
プログラマーの場合にはプログラミングスキルがあるので個人事業主になって働くのは比較的簡単で、実際に独立して成功している人も大勢います。

プログラミングスキルを生かせる働き方もいくつかありますが、主流になっているのはフリーランスです。
フリーランスはクライアントを探して仕事の依頼をしてもらい、契約に基づいて仕事をすることによって対価を得る仕組みの働き方です。
IT業界では人気がある働き方で、プログラマーだけでなくエンジニアもよく目指しています。
仕事を斡旋してくれるサービスがあるのでクライアントを探しやすく、独立してから仕事を見つけるのに苦労することもあまりないのが現状です。

一方、プログラマーは一人の力でアプリやソフトウェアを開発することもできるのが特徴です。
その点に着目して特にクライアントを持たずにオリジナルのアプリやソフトウェアを開発して生計を立てている人もいます。
アプリは開発期間も短くて済み、注目されれば無料アプリでも広告収入で当面は稼ぐことが可能です。
その間にじっくりと時間をかけてソフトウェアを開発して販売し、最終的には会社を設立しているケースもあります。
拘束を受けずに自由に働けるのがメリットとしてよく着目されているのが独自の開発をする働き方です。